杉山奈津子は結婚してる?夫は?出身高校や勉強法と漫画本最安値は?

Sponsored Link


こんにちは!
たいちゃんママです^^
偏差値29で東大合格した杉山奈津子さん!
子育てしている私にとって、かなり気になる存在です!
今日はそんな杉山さんの気になる情報調べてみました♪

 

初めに、プロフィールはこちら!

プロフィール

 

名前:杉山 奈津子(すぎやま なつこ)
生年月日:1982年7月18日
出身:静岡県
出身大学:東京大学薬学部
血液型:A型
職業:作家、イラストレーター
資格 心理カウンセラー

 

 

 

現在34歳の杉山さん。
杉山さんは3姉妹で、お姉さんと妹さんがいるそうです。

 

ご結婚されていて
現在3歳の息子さんもいらっしゃるようです。

 

気になる旦那さんですが、
調べてみましたがわかりませんでした。(スミマセン)

 

美人な方なので、
素敵な旦那さんがいそうですね^^

 

 

 

経歴がスゴイ!?

 

さてさて、杉山さんは偏差値29で東大に合格!!とのことですが、
そしたら高校はどこだったの?と気になった方もいると思います。

 

出身高校は静岡雙葉高等学校
私立の女子中高一貫校のようです。

 

偏差値がどれくらいか気になったので調べてみたら、
現在の偏差値は56でした!

 

十分な学力のある学校ですよね。
元々、杉山さんも勉強は出来る方だったのかもしれませんね!

 

東大合格するなんて、
やっぱり元々素質が違うんじゃないの?
なんて思ってしまいますが、
杉山さんかなりの苦労人のようです。

 

実は、中学時代から「うつ」を患っていたそうで、
拒食症やリストカットなどを繰り返していたんだそうです。

 

そのことから、高校時代は落ちこぼれて
大学進学を考えず中退を考えたこともあったそう。

 

そんなドン底の状況で、
杉山さんがどうやって東大に合格したのか!?
気になる勉強法について調べてみました!!

 

 

 

 

独自の勉強法とは!?

 

一部をご紹介していきたいと思います^^

 

「自分時計」を使う

 

これは、勉強した時間を視覚でとらえるものだそうです。

 

具体的には、
例えば「一週間で30時間勉強する」という目標を立てたとします。

 

月曜日は3時間勉強したとすると、残り27時間勉強時間を確保する必要があります。
更に火曜日に3時間勉強したとすると、残りは24時間。

 

こんな風に、無限にあるように見える時間を視覚で捉える事で
時間を有効に使う事が出来るんだそうです

 

そのために、杉山さんはアナログの時計の針を12時に合わせて、
常に時間を視覚でとらえていたそうです。

 

ちなみに、現在もこの「自分時計」は活用しているそうです!

 

確かに、時間ってあっという間に過ぎてしまいますよね。
どれにどれくらいの時間がかかってるのか、
時間をかけなければいけないのか。なんて、
なかなか意識しないと出来ない事です。

 

意識していても難しいですが^^;

 

最初に、「目標設定する」ということも大切ですね!

 

 

 

「ノートは二つ用意する」

 

なぜ2つ用意するのかというと、

 

一つは「間違えノート」
もう一つは「書きなぐりノート」なんだそうです。

 

「間違えノート」というのは、
問題集などを解いて、間違えたところを復習するためのノート。

 

そして「書きなぐりノート」というのは、

 

その名の通り、かきなぐるためのノート!
かきなぐることでインプットしたものをアウトプットし、
記憶を定着させるというものなんだそうです。

 

実は東大生の多くはこの書きなぐりノートのようなものを持っているんだそうです。
書くということは確かに記憶定着には重要と言いますもんね。

 

 

今回は杉山さんの独自の勉強法を一部ご紹介しましたが、
詳しくは本を出版されているので、是非チェックしてみてください!
しかもありがたい事に漫画もあるんですね^^

 

受験生は時間が限られているので、
読みやすくするために漫画を出版されたんだそうです。

 

さすが受験生想いですね!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コミック版 偏差値29からの東大合格超勉強法 [ 杉山奈津子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)

 

楽天もAmazonも定価での販売ですね!
私のオススメはメルカリ!
状態のきれいなものでも、いくらか安く手に入れられそうです♪

 

さてさて、杉山さんの気になる情報調べてきましたが、
やっぱり目標達成をする上では
まずは目標をきちんと定めること、
そして周囲の応援なんだそうです。

 

一見、当たり前のことかも知れませんがなかなか出来ていない事のようにも感じます。
私も息子の可能性を信じ、
東大!とまでは言いませんが、精一杯応援していきたいと思います^^

 

Sponsored Link


コメントを残す