ウルフギャングステーキハウスの日本の店舗や予算は?予約は?

Sponsored Link


01

 

日本に初上陸した「熟成肉」が自慢のウルフギャング・ステーキハウス!!
世界的にも有名で、海外で食べた事ある!という方も多いのではないでしょうか?
あの味を日本でもう一度!と思っている方も、初めての方も、必見です☆

 

ウルフギャング・ステーキハウスとは??

 

NYの名門ステーキハウスで40年以上活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業したんだそうです。

wolfgang

老舗かと思いきや、意外と最近なんですね。

 

現在では、舌の肥えた美食家をも唸らす”極上ステーキハウス”として、
ニューヨークをはじめ、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズで絶大な人気を誇っているようです。

 

 

 

人気の理由

 

やはり、こだわりの肉にあるようです。

 

アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」を、専用熟成庫で長期熟成。

牛肉は熟成が進むと、肉自体が持つ酵素の働きで肉質が柔らかく変化するのと同時に、タンパク質が分解されて旨み成分であるアミノ酸が増していくんだそうです。

 

確かに、スーパーなどのお肉でも、賞味期限ギリギリのお肉の方が美味しいって聞きますよね・・・?これが理由なのでしょうか。

 

この長期乾燥熟成によって柔らかい食感と旨味が増した肉を厚切りにして、
900℃のオーブンで焼き上げます。
熱々の皿に乗せてサーブされるステーキの迫力はまさに圧巻!!
その焼きあがりは、表面はカリっと香ばしく、中からはジュワッと肉汁がしたたるんだそうです。

food01

うわぁ!おいしそう!!
見てるだけでよだれがでそうですね。笑

 

ステーキの他にも本格的なシーフードメニューや世界各国の1000本以上のワインもあるそうなので必見です!

 

 

 

日本初上陸!

 

さて、そんな大人気店が日本で初上陸しましたよね!

 

2014年2月に六本木店が日本1号店としてオープンしています。

そして2014年12月8日に日本2号店として丸の内店がオープン!

 

こういう時、都会に住んでいる人はうらやましいですよね。笑
何でもトレンドをいち早く楽しめます!

 

オープンと同時に爆発的な人気を集め、
178席の大箱ながらディナー予約は1か月待ちの状態が続いているんだそう…。

(店舗情報は最後に載せています)

 

 

 

気になる予算

 

 

何を頼むかによっても大きく変わってくると思いますが・・・

 

一番安いステーキが
プライムニューヨークサーロインステーキの¥7,500のようです。

 

まさか、ステーキだけ食べるわけにもいかないでしょうし、
他のものも頼んでいると一人¥15,000以上は予算として持っていた方がいいかもしれませんね。

 

ランチもやっているようなので、予算を押さえたい人はランチで行くのもいいかもしれませんね♪

 

 

ぜひ一度は行ってみたい(連れて行ってもらいたい)ですね!笑

 

では、最後に店舗情報載せておきます!

 

 

 

六本木店

 

 

18356住所:東京都 港区 六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM’s 1F
電話番号:03-5572-6341
営業時間:11:30~23:30(22:30 L.O.)
休総席数:178席(ダイニング140席、個室10席×2部屋、バー・カウンター18席)
ドレスコード:男性のタンクトップ、ノースリーブまたはそれに類する服装、サンダルでのご来店はご遠慮ください。

 

 

丸の内店

 

19169住所:東京都 千代田区 丸の内 2-1-1 丸の内MYPLAZA明治生命館 B1F
電話番号:03-5224-6151
営業時間:11:30~23:30(22:30 L.O.)
総席数:170席(ダイニング124席、個室4部屋、バー・カウンター12席)
個室:全4部屋(6席/8席/10席/10席)
※専用の入口がございます。プライベートパーティーなどにも最適です。
※最大30名様着席の個室にも調整可能です。
ドレスコード:男性のタンクトップ、ノースリーブまたはそれに類する服装、サンダルでのご来店はご遠慮ください。

 

 

Sponsored Link


コメントを残す