未分類

葉祥明のプロフィールや経歴がすごい!おすすめの絵本や作品まとめ!

今日は、日本の絵本作家を代表する葉祥明(ようしょうめい)さんについて調べて見ましたよ!
私自身、葉祥明さんについてはご存知なかったのですが、調べていくうちに葉祥明さんの絵を見ながら「懐かしい〜。」という、不思議な感覚になりました。きっとあなたも、どこかで一度は見たことがあると思いますよ♪

プロフィール

本名:葉山祥明(はやましょうめい)
生年月日:1946年7月7日
出身:熊本県熊本市
高校:九州学院高等学校
大学:立教大学経済学部

経済学部を卒業されていることにびっくりしましたが、その後、セツ・モードセミナー(東京都新宿区舟町にあった美術学校)を卒業し、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに留学し油絵を学ばれています。

葉祥明さんの元をたどると中国人の家系に生まれていて、おじいさまの代に日本へ渡来しています。ご自身は30代で日本国籍となりました。
実兄の葉祥栄さんは建築家で、実弟の葉山祥鼎さんは作家・写真家という、なんとも才能に溢れるご家族だというこが分かりますよね!

経歴と受賞歴

数々の賞を受賞されていますので、経歴ともにご紹介していきます!

■1972年
絵本「ぼくのべんちにしろいとり」でデビューしました。イギリス、フランス、スウェーデンで発刊されています!

■1990年
絵本「風とひょう」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞しました。また、英国アン王女に原画を献呈されています。

■1991年
神奈川県鎌倉市に葉祥明美術館を開館しました。また、ニューヨークにて個展を開催しました。この年に、郵政省「かもめーる」に挿絵が使用されました。

■1992年
郵政省、ふみの日記念切手にメインキャラクターの “JAKE” が採用されました。

■1996年
創作絵本「イルカの星」が第31回造本装幀コンクール展で入賞しました。また、この年にはオーストリア・ウィーンにて展覧会を開催しています。

■1997年
絵本「地雷ではなく花をください」が日本絵本賞読者賞を受賞しました。

創作絵本「イルカの星」が第7回けんぶち絵本の里大賞に選ばれました。
創作絵本「ひかりの世界」第32回造本装幀コンクール展で入賞しました。

さらにこの年にはTBS『いのちの響』にTV出演されています。

■1998年
カナダ・モントリオールにて個展を出展しました。
郵政省、わたしの愛唱歌シリーズ「この道」(北原白秋作詞、山田耕筰作曲)記念切手を制作されました。

■1999年
郵政省「はあとめーる」に挿絵が使用されました。

■2000年
長崎原爆絵本「あの夏の日」が第6回平和協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞しました。

■2002年
熊本県阿蘇郡長陽村(現在の南阿蘇村)に葉祥明阿蘇高原絵本美術館を開館しました。

■2005年
リリー・フランキーの大ベストセラー小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』に自作の詩、《母親というものは》が引用されました。

『母親というものは
無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれることを
心の底から願います
どんな高価な贈り物より
我が子の優しいひと言で
十分すぎる程幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから
母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです』

■2006年
《母親というものは》を収録した詩集「母親というものは」を発表しました。

■2007年
ルー大柴&仁井山征弘「MOTTAINAI〜もったいない〜」(NHKみんなのうた)の衣装として、メインキャラクター “JAKE” がプリントされたTシャツが着用されました。

そーちゃん
そーちゃん
素晴らしい作品とたくさんの受賞歴にびっくり!
たいちゃん
たいちゃん
海外での評価もすごいんだね!!

実の弟さんがオススメする絵本はこれ!

とある番組で、実の弟さんである葉山祥鼎(しょうてい)さんが出演された際にオススメしていた絵本をご紹介します!

クジラの海


〜内容〜
君たちの人生の、真の目的は何だったのだ? なぜここに生まれ、今ここにいるのか? 第二の宇宙ともいえる海洋で生きる賢者・クジラが伝える、地球といのちのメッセージ。

地雷ではなく花をください


〜内容紹介〜
世界では64カ国に計1億1千万個以上もの地雷が埋設されているといわれています。その大部分が対人地雷です。対人地雷は兵士と一般人(子ども・女性・老人等)の見境なく、戦争が終わって平和な世界になっても、半永久的に被害をもたらす非人道的な武器です。取り除くのにもたくさんの時間と労力と費用がかかります。平和な世界をみんなでめざそうと、うさぎのサニーちゃんが、「地雷」について教えてくれます。
絵本の収益が、地雷撤去の費用になります。この絵本1冊で、10平方メートルの地雷原がクリアな土地になります。

〜読者のコメント〜

この本を、学校の図書館で見かけました。
タイトルにひかれ、借りて読んでみると。。。短いけれど、一つ一つの言葉が胸に突き刺さります。地雷を探して取り除いた後には、花の種を、草木の苗を。。。そして、畑を、草原を。。。
私達に出来る事は少ないけれど、せめて除去活動をしている人達を支援したい。そう思い、一冊購入する事にしました。
一つでも多くの地雷や不発弾が取り除けますように、と願いを込めて。。。

 

まとめ

今日は絵本作家の葉祥明さんについて調べてみました!
葉祥明さんの絵を一度は見たことがあったのではないでしょうか?調べていると、葉祥明さんの絵は日本の文化になっているほど、とても身近な存在でしたね。

また、日本だけではなく海外からも絶賛されている、偉大な絵本作家であることも分かりました!