未分類

みいつけた!ダツイージョの女性は古家優里で年齢は?初回放送が見たい!

久しぶりに『みいつけた!』を見ていたら・・・オフロスキー懐かしい〜と思っていた矢先、突如として現れた“ダツイージョ”

「この謎めいた女性は一体誰?」
「オフロスキーのなんなのよ!」

と気になることばかりです。笑

そんなあなたのために、今日はダツイージョの正体に迫っていきたいと思います!
さらに、ダツイージョが登場した初回放送もチェックしていきますよ〜!

ダツイージョの正体は?

はじめに、オフロスキーファンからすると気になって仕方ない、「オフロスキーのなんなのよ!!」ということからお伝えしていきます。笑

いったい二人はどういう関係かというと、どういう関係でもありませんでした。笑
公式サイトによると、ダツイージョは「お風呂場のダンスの妖精」という設定のようです。

真顔で無言、そしてしなやかな動きをするダツイージョをかなり奇妙に感じましたが、要請という設定で、なんとなく腑に落ちました。

そんなダツイージョを演じているのは、古家優里(ふるいえゆうり)さんという方です!プロフィールをチェックしていきますよ!

古家優里のプロフィール

本名:古家優里(ふるいえ・ゆうり)
生年月日:1983年8月3日
身長:159cm
出身:熊本県
高校:熊本高校
大学:お茶の水女子大学

古家さんは2018年現在35歳で、振付師、ダンサーとして活躍されています。

経歴を見ていきましょう!

経歴

9歳でバレエを習い始め、
18歳コンテンポラリーダンスを始めました。

熊本に住んでいるときは、創立68年にもなる歴史ある「熊本バレエ研究所」で学ばれていたようです。

大学はお茶の水女子大学舞踊教育学コースを卒業し、卒業後の2006年に「プロジェクト大山」を立ち上げています。

プロジェクト大山とは、主宰の古家さんを中心にお茶の水女子大学舞踊教育学コースを卒業したメンバーにより結成されたダンスカンパニーで、古家さんは全作品の構成・演出・振付を担当しています。

たいちゃん
たいちゃん
ダンスカンパニーを立ち上げてしまうなんて、ダンス愛が伝わってくるね。

古家さんのダンスに関する実力派相当なもので、
2009年には横浜ダンスコレクションR にて「審査員賞」を受賞
2010年にはトヨタコレオグラフィアワードにて「次代を担う振付家賞」を受賞しています。

古家さんが振り付けを手がけた演劇作品には
・長塚圭史さん演出『ガラスの動物園』(2012年)
・ケラリーノ・サンドロヴィッチ作演出・ナイロン100℃『デカメロン21~或いは、男性の好きなスポーツ外伝~』(2013年)

等、様々な演劇作品の振り付けをしています。

NHK Eテレの『みぃつけた!』では、
楽曲「じだいげきだよ、オフロスキー」「はじまりバーン!」番組コーナー「よんだんす!」の振り付けを手がけています。

「よんだんす!」の振り付けはてっきりオフロスキーがしているのかと思っていましたが、実はダツイージョがしていたんですね。

それを知ってこのコーナーを見るとなんだか面白いですよ。笑

初回放送

ダツイージョは、2017年4月3日(月)からスタートした「よんだんす」という新コーナーで初めて登場しました。

「からだてんけんたい」のコーナーがなくなって新たにスタートしたコーナーなんです!

初回では、いつもの浴槽が無く、脱衣所らしい場所にいるオフロスキーが「ダツイージョカモーン!」と声をかけ、そこで登場したのがダツイージョ!

そして二人で「スルメイカ」のダンスを踊りだします。

この突然のダツイージョの登場に番組を見ていた人お母さん・お父さん・子供達は大混乱したようです。笑

まとめ

『みいつけた!』で「よんだんす!」のコーナーに突如として現れたダツイージョは、古家優里さんであることが分かりました。

古家さんは小さい頃からダンスに精通し「プロジェクト大山」を立ち上げるなど、ダンス愛に溢れた女性であることがわかりましたね!