TV番組

ヒルナンデス!クローゼットスタイリストの法則に当てはめる整理収納まとめ!

『ヒルナンデス!』でお馴染みのクローゼットスタイリスト金川文夫さんによるクローゼット整理の方法が画期的で分かりやすいですよね。

ある法則に当てはめるだけで、残すものか捨てるものかを自然と判断できるので、誰でも簡単にクローゼット整理ができます。

2月6日に放送されたアイテムはデニム・ニット・ファーコート・靴です。

見逃した人やもう一度見直したい人のために内容をまとめみました。

今回のテーマは「トレンド感とカジュアル感をほどよくミックスしたアラフォー上品スタイル」でした。

「ある法則」まとめ

デニム

法則:「5ポケットを残すべし」

老舗のブランドの定番のものは前にコインポケット含む3つのポケットがあり、後ろに2つ、計5つのポケットがあります。

残すべき:老舗の定番のもの

残さない:それ以外

例外もあり、5ポケットでもケミカルウォッシュのものは法則に当てはまらないので、残さないものになります。

たいちゃん
たいちゃん
ケミカルウォッシュは光GENJIになっちゃうからダメなんだって!笑

また、ホットパンツも上品スタイルには程遠いので×です。

ニット

ざっくりニット

法則:「ぴったりサイズは捨ててよし」

オーバーサイズのものだけを残すとよいそうです。オーバーサイズは今期のトレンドで肩がゆったりするシルエットになるので、おしゃれな上品スタイルにぴったりとのこと。

逆にぴったりサイズは古風な印象になってしまいます。

また、タートルネックは折り方を無造作にするだけで大人スタイルになります。

ニットカーディガン

法則:ボタンありは全て捨ててよし

つまり、ボタンのないニットカーディガンを残すということになります。

ボタンのあるニットカーディガンは悪くはないけれど、デニムとざっくりニットの多い依頼者にはふさわしくないとのことでした。

理由としては、ボタンありはメンズにもあるアイテムでテーマにはふさわしくなく、逆にボタンなしはレディースにしかないアイテムという点で、女性らしさを引き出せるとのことです。

プチプラニット

ちなみに、薄めのプチプラニットは以前放送された回で取り上げられましたが、プチプラニットの法則は「定番カラーの定番デザインを残すべし」でした。

定番カラーとは白・黒・ネイビー・グレー・ベージュの5色で、この定番カラーは他のどのショップにも売っている色なので、プチプラだとはわからないという理由で残すべしでした。

ファーコート

法則:エコファーとボアの無地のものを残す

エコファーはリッチ感と抜け感がカジュアルにもドレッシーにも当てはまるのでオススメです。

エコファーでも柄物はおばちゃん感が出てしまうので、無地のもののみを選びます。

たいちゃん
たいちゃん
リアルファーを捨てるのって勇気いるよね〜

靴(ショートブーツ)

法則:ショートブーツはくるぶしを隠すべし

つつ丈が短いものは数年前に流行ったもので、ひと昔前のものになってしまいます。

ムートンブーツはくるぶしが隠れますが、トレンド感がなく履きたがる人が少ないようですが、ムートンブーツにはレッグウォーマーをブーツカバーのように外側に被せると大人のキレイ目アイテムに早変わりします!

アイテムのバランスについて

金川さんがご紹介された中で面白いなと思ったのが、アイテムのバランスを考えるというものでした。アイテムを理想のバランスに近づけることで、コーディネートの数も大きく変わってくるというものでした。

こちらは、ボトムスばかりを持った場合ですが、最大コーディネート数は7になります。

 

こちらは上と同じアイテム数は10点ですがアイテムの内容をこのように変えるだけで、最大コーディネート数は24になります。

 

アイテムのバランスなんて考えたこともなかったので、目から鱗でした!

たいちゃん
たいちゃん
洋服を買う時に考えるだけでも、無駄遣いが減りそうだね〜!

まとめ

今日はクローゼットスタイリストの金川さんが推奨する「ある法則」についてまとめてみました。

クローゼットの整理をする時にこの記事がお役立ていただければ幸いです。

また、整理すると同時に、アイテムのバランスについても考えてみてくださいね。