スポーツ

筑陽学園中村敢晴選手がイケメン!父親は甲子園優勝で兄はプロ野球選手!

春の選抜高校野球大会に出場する福岡の筑陽学園高校ですが、その中でも注目すべきイケメン選手がいます!それは1番打者として活躍する中村敢晴(なかむら かんせい)選手です!

また、中村選手の父親やお兄さんがすごいんです!

今回、そんな中村選手について紹介していきますね!

プロフィール


中村 敢晴(なかむら かんせい)選手

世代 2002年度生まれ
利き腕 右投右打
身長 183cm
体重 68kg
ポジション 内野手
所属 筑陽学園
学年 新2年
中学 大分明野ボーイズ
2015年,2016年,2017年
高校 筑陽学園
2018年,2019年,2020年
全国大会(中学) 中学2年
2016年ボーイズ春季全国大会(ベスト8)
2016年ボーイズ選手権大会(ベスト4)
中学3年
2017年ボーイズ選手権大会(ベスト8)
全国大会(高校) 高校1年
2018年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト4)
たいちゃん
たいちゃん
ボールに対しての眼差し、イケメンだねー!

大分明野ボーイズで投手、内野手を務め全国大会に4度出場し4強が最高なんです!筑陽学園では1年生の夏からすでに試合に出場しています!

父親は甲子園優勝

1年生の夏から試合に出続けている中村選手なんですが家族がすごいんです!まず父親から紹介していきますね!

なんと中村選手の父親は、甲子園で優勝しているんです!

父親の寿博さんは福岡の西日本短期大学付属高校で夏の甲子園大会で優勝しています!しかも、キャプテンだったんです!この写真は当時の写真です!優勝旗を持っている方が父親の寿博さんです!

たいちゃん
たいちゃん
お父さんが甲子園優勝しているなんてすごい!

お兄さんはプロ野球選手

父親は甲子園優勝!そして今度はお兄さんです!

お兄さんは宜聖(たかまさ)さんなんですが、なんとプロ野球ソフトバンクホークスの選手なんです!宜聖さんは、父親と同じ西日本短期大学付属高校で活躍し、昨年10月のドラフト会議にて育成4位で指名されています!

筑陽学園入学を決めたきっかけは?

父親もお兄さんも西日本短期大学付属高校出身なのに、なぜ中村選手は筑陽学園高校入学を選んだのでしょうか?

それは、まだ優勝していない高校で甲子園優勝をしたいと考えていたそうなんです!西日本短期大学付属高校は父親が在学中に甲子園優勝をしています!しかも初優勝なんです!

そんな父親の姿に憧れて、初優勝をする覚悟で筑陽学園高校の入学を決めたんです!

たいちゃん
たいちゃん
甲子園で優勝、しかも初優勝するために入学したんだね!その覚悟がすごい!

まとめ

今回、筑陽学園高校の中村敢晴選手について紹介してきました!中村選手はイケメンで父親やお兄さんがすごいということがわかりましたね!

まだ、新2年生なのでまだまだ伸びしろがたっぷりあります!

父親の寿博さんみたいに甲子園で優勝している姿を見たいものです。そして活躍を続け兄弟でプロ野球選手として活躍する姿も見てみたいものです。

今後の中村選手、甲子園での中村選手の活躍に要注目です!