未分類

セブンイレブン沖縄進出!第1号店の場所は糸満兼城店!星野リゾートホテル!

沖縄県セブンイレブンがオープンすることが決定されました。5年間で250店舗もオープンするそうです。では、沖縄県で第1号店となるのはどこなのか、気になりませんか?何でも第1号というのは気になりますよね!

今回は、沖縄県にセブンイレブンがオープンするという話からどこが第1号店になるのかということを紹介していきますね!

まずは、沖縄県にセブンイレブンがオープンするというニュースからです。

セブン‐イレブン・沖縄は、7月11日に沖縄県内での出店を開始することを発表。那覇市を中心としたエリアより順次出店する。

セブン‐イレブン・ジャパンは、2017年6月に沖縄県への出店を表明。専用工場や配送センターのインフラ整備等、出店に向けた準備を進めている。

沖縄県での各加盟店の従業員募集は、4月13日から開始される。
今後は、沖縄県内において5年間で約250店の出店を予定している。

金秀グループ(呉屋守將会長)は15日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン糸満兼城店(仮称)」の地鎮祭を、糸満市兼城の商業施設「サンプラザ糸満」の敷地内で開いた。今月、セブンとフランチャイズ(FC)契約を結んだ金秀本社(松本眞一社長)が運営する1号店で、7月の開店を目指している。

5年間で250店舗もオープンするってすごいですよね!沖縄も色々なところでセブンイレブンがあり、利用するのが便利になりそうですね!

沖縄進出に対するツイッターの反応は?

 

沖縄県で第1号店はどこになるの?

この写真は、香港でのセブンイレブン第1号店の証を店舗の壁に貼っている写真です。

では、沖縄県第1号店はどこになるんでしょうか?

セブンは7月の県内初出店のタイミングで10店規模を一斉に出し、5年で250店を計画。県内1号店の候補に糸満兼城店(仮称)のほか、那覇市松山の国道58号沿いに建設中のビルが挙がっている。

金秀グループ(呉屋守將会長)は15日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン糸満兼城店(仮称)」の地鎮祭を、糸満市兼城の商業施設「サンプラザ糸満」の敷地内で開いた。今月、セブンとフランチャイズ(FC)契約を結んだ金秀本社(松本眞一社長)が運営する1号店で、7月の開店を目指している。

ということは、糸満兼城店が第1号店となることが濃厚と言ったところでしょうか?

糸満兼城店は「サンプラザ糸満」という商業施設内になります。

もう一つ候補に挙がっている那覇市松山の国道58号沿いに建設中のビルって何ができるんでしょうか?

答えは、星野リゾートが手がけるホテルなんです。ですからホテル内にセブンイレブンが入ることになります。

まとめ

今回、沖縄県にセブンイレブンがオープンするというニュースからどこが第1号店となるのかを紹介してきました。

7月にセブンイレブンがオープンし、5年間で250店舗オープンするという計画がなされています。

沖縄県に旅行に行く際は、セブンイレブン第1号店(沖縄県で)を利用しましょう!香港みたいに壁に飾ってあるかもしれないですよ!