スポーツ

ガウフ(テニス)がかわいい!プロフィールや戦績や家族も気になる!

女子テニス界で今最も勢いに乗っていると言っても過言ではないコリ・ガウフ選手!

若干15歳にして、あの世界女王ヴィーナス・ウィリアム選手に勝利したことで、一気に知名度が上昇しました。

今日は彼女のプロフィールやこれまでの戦績、家族についてまとめてみましたよ。
これからますます活躍が期待されるガウフ選手に注目していきます。

プロフィール

名前:コリ・ゴフ(Cori Gauff, 英語発音: [ˈkɔri ˈgɔf])
生年月日:2004年3月13日
出身:アメリカ合衆国・ジョージア州アトランタ
身長:176cm
愛称:ココ(Coco)
プレースタイル:右利き(バックハンド・ストロークは両手打ち)

そーちゃん
そーちゃん
愛称のココって可愛いね!
たいちゃん
たいちゃん
このブログの中では、ココって呼ぶようにしよう

ココがテニスを始めるキッカケとなったのは、4歳のときに見た2009年全豪オープン女子シングルス決勝でテニスに興味を持ち始めたことでした。

ちなみに、この時の決勝はセリーナ・ウィリアムズ(米)対 ディナラ・サフィナ(露)でセリーナが優勝しています。

7歳から本格的にテニスを始め、その後テニスの環境が整っているフロリダ州デルレイビーチに移住し、日々練習に打ち込んできました。

その甲斐あって、数々の華々しい戦績を残しています。

戦績まとめ

<2018年>

5月、フロリダ州オスプレイ(英語版)で行われたITF女子サーキット2.5万ドルの大会でITFデビューし、プロ初勝利

全仏オープンジュニアのシングルスで、優勝!14歳の若さでジュニアグランドスラム初優勝を飾りました。

全米オープンジュニアのダブルスで優勝!

オレンジボウル(英語版)の18歳以下の部で優勝!

<2019年>

2月、サプライズで行われたITF2.5万ドルの大会のダブルスで、ITF初優勝

3月、マイアミ・オープンでWTAデビューを果たし、1回戦のケイティ・マクナリーを2-1で破り勝利。(2回戦はダリア・カサトキナに0-2で敗れました。)

WB(ウィンブルドン)のシングルス予選で3連勝し、WB史上最年少となる15歳3ヵ月で予選から本戦入りを果たし、ベスト16!

1回戦のヴィーナス・ウィリアムズを2-0で破る金星を挙げグランドスラム初勝利
2回戦のマグダレナ・リバリコバ 2-0
3回戦のポロナ・ヘルツォグ 2-1
(4回戦ではシモナ・ハレプ相手に0-2で敗れました)

そーちゃん
そーちゃん
まさか、テニスを始めるキッカケとなったセリーナの姉であるヴィーナスを破るなんて、すごいよね!
たいちゃん
たいちゃん
本人も、「何て日だ!」ってツイートしてるよ。

全米オープンではシングルス3回戦まで上り詰めましたが、大坂なおみ選手に0−2で破れています。

その時の大坂なおみ選手の心遣いが話題となりました!

なおみ選手の粋な計らいで一緒にインタビューに立っています。

家族

父親のコーリーはジョージア大学でバスケットボール選手、母親のキャンディはフロリダ大学で陸上選手という、スポーツ一家に生まれたココ。
2019年現在もコーリーはココのヘッドコーチを務めています。

この投稿をInstagramで見る

 

Happy mother’s day mommy❤️

Coco Gauffさん(@cocogauff)がシェアした投稿 –

よく試合を見に来ている両親ですが、お母さんの喜ぶ姿がかわいいと話題になっています!

また、ココには2人の弟がいて、名前はコディ君とキャメロン君。3人兄弟の一番上なんですね!

まだ15歳ですが、そう思えないくらいとても大人びていますね!ネットでも「かわいい!」と話題になっています。

 

お母さんも美人さんですもんね。

 

 

まとめ

今日は、ガウフ選手についてご紹介してきましたが、若干15歳で様々な輝やかしい戦績を残していることがわかりましたね!いずれ、世界女王にまで上り詰め、テニス界を引っ張っていってくれる存在になるかも知れませんね!