スポーツ

【肥後の大谷】浅田将汰(そうた)がドラフト候補!出身や武器は?

熊本に逸材を発見!しかもドラフト上位候補!その選手とはファッキンボールを操る有明高校の浅田将汰(そうた)選手です。肥後の大谷とも言われています。

今回は「肥後の大谷」こと、浅田将汰(そうた)選手について紹介していきます。

2019年のドラフト会議はいつ、どこで?

2019年のドラフト会議まであと1週間となりました。今年のドラフト会議はいつ、どこであるんでしょうか?

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

開催日時:2019年10月17日(木) 17:00開始予定
開場:15:30予定
会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都港区)
中継テレビ:TBS系列全国ネット放送、スカイA
ラジオ:ニッポン放送
インターネット: Paravi、Baseball Gate、Sports Bull

ちなみに会場での観覧は、募集が9月にあり、すでに募集は終了しているんです。

浅田将汰(そうた)選手のここがやばいよ!

それでは、本題に入り、浅田将汰(そうた)選手の魅力についてたくさん書いていきますね。

まずはこの動画から。浅田将汰(そうた)選手の投げっぷりを見てください。

 

どうですか?ファッキンボールって言うんですね!このボール、バッターの手元でブレーキがかかって打ちづらそうですね!

ストレートのMAXは149km。149kmからのファッキンボール、そして縦のスライダー。抑え投手として活躍が楽しみですね!

打者としても注目されており、高校通算30本塁打を超えています。そしてついた異名「肥後の大谷」。かっこいいですね!

ここで簡単にプロフィールを!

浅田 将汰(あさだ・そうた)投手

身長/体重:181cm/85kg
出身:福岡県飯塚市生まれ。
   庄内小学校2年時に野球を始める。
   庄内中では飯塚ボーイズで投手。(九州選抜で世界大会に出場)
経歴:有明高校では1年時春からベンチ入り。
   1年秋の新チームで主戦の座を掴む。
   2年時秋の練習試合で148㌔計測
   投打両面の資質でプロから注目される。
   3年時夏の県大会は熊本工業に0対2で敗れ4強で敗退。
   3回戦・開新高戦で最速149㌔を計測
   全国未経験ながらU-18代表に選出、W杯2試合に出場。

どこに指名される?

こんな素晴らしい選手なんですが、果たしてどこの球団が指名するんでしょうか?

やはり注目はソフトバンクホークスとなるんでしょうか。地元九州の球団でもありますし、指名する可能性は大ですね!

そのほかにも注目している球団はあるんんでしょうか?今年の目玉、佐々木郎希選手はプロの11球団と面談したと言っています。

浅田選手は何球団と面談があったんでしょうか?

まとめ

今回、熊本に「肥後の大谷」と異名をもつ有明高校の浅田将汰(そうた)選手について紹介しました。

やはり、速いストレートとブレーキの効いたファッキンボール縦のスライダーが特徴的です。そして打撃面でも光るものがあるようです。

今後、プロ野球で大活躍してほしいものです。10月17日、どこの球団に指名されるのか注目しましょう!