保護者会とPTAの違いとは?報道では同じ?服装や挨拶や自己紹介!

Sponsored Link


images-1こんにちは!
たいちゃんママです。
最近、千葉県で保護者会会長が女児を殺害するという、忌々しい事件が起こりましたよね。
本当にあってはならない事件で、衝撃的です。
多くの方が驚きと戸惑いでいっぱいだと思います。
実は、保護者会ってあまり聞き慣れなかったので、今日はPTAとの違いについて調べてみました。

 

保護者会とPTAの違いは!?

 

保護者会とは?

保護者会とは、文字通り保護者が組織している会のことで、
幼稚園、小学校、中学校などに設置されていることが多い。
保護者会の活動は、バザーや講演会の開催、学年の親睦会などが主である。

 

PTAとは?

PTAとは、英語のParent-Teacher Associationの略語で、
アメリカより発祥した保護者と教職員によって組織される団体のことである。
保護者の自発的な参加(つまり任意加入)により運営されるものであるが、
実際にはほぼ強制的に参加することになっている。

 

 

つまり、一番の大きな違いは教職員が入るか入らないかということなんですね。
教職員がいない→保護者会
教職員がいる→PTA

 

昔はPTAが主流だったようにも思うんですが…

 

いつから保護者会というものが出てきたのか?というと、
PTAは任意加入の団体で、ボランティア活動なんですよね。
それなのに、役員などになると活動が頻繁にあることで参加者の負担が大きくなるため最近ではPTAではなく、保護者会と組織を変更する学校もあるそうです。

 

というのも、PTAは、連合PTAという全国のPTAを統括している団体があり、
この下部組織として活動することになため、
何をするにも全国標準の研修会や委員会を組織し、参加しなければいけなくなるそうです。

 

そのため、小規模校であるとPTAの全員が役員にならないと間に合わないような状態も生じてしまい、さらには会費等もかかってきてしまうんだとか><

 

ボランティアでやってるのに負担が大きすぎると本末転倒というか、
誰もやりたくなくなってしまいますよね。

 

その点、保護者会ではPTAほどの縛りがなさそうで少し負担も軽減されるイメージがありますね。

 

でも実は文科省の見解ではPTAと保護者会の明確な厳密な区別はしていないそうで、
「PTA=保護者会」という表現が散見されているんだとか。

 

保護者会もPTAもボランティアで子供たちの為に活動してもらっていて
ありがたいですよね。

 

そんな中、今回保護者会会長が容疑者として逮捕されるという信じられない事件が起きてしまったのは本当に残念でなりません。

 

最後になりますが、りんちゃんのご冥福を心よりお祈りしております。

Sponsored Link


コメントを残す